こだわりのインテリアは上を見ろ!

旅館のロビー
旅館の良し悪しをチェックする上で、外観や庭だけでなくインテリアをチェックすることはとても大切です。
気の利いた旅館であれば、外から見える部分だけでなく内装、インテリアにも気を遣っているものです。フロントやロビーのみでなく、客室に置かれている家具の品質や状態を見るだけでも、その旅館のレベルはわかってしまうものです。
もし、家具があまりにも建物にマッチしていないものだったり、痛んだ状態で放置されていたりする場合、それほど行き届いたサービスは期待できないかもしれません。逆に上品でしっかり手入れのいきとどいた家具が置かれていれば、サービスの質も期待していいでしょう。
そんなインテリアですが、案外見落としてしまいがちなポイントがあります。旅館の良し悪しをインテリアでチェックするのであれば、上を見上げてみましょう。

気の利いた旅館は照明にもこだわりをもっている

落ち着きのある和室の照明
どうして上を見上げればいいのでしょう?そこには明かり、照明くらいしかないじゃないか…と思われるかもしれません。実は、その照明をチェックすることが大切なのです。
見落とされてしまいがちですが、照明のデザインや種類がその部屋に合っているかという点はとても重要なポイントなのです。どんなに気の利いた客室であっても、ほんのちょっとだけ照明が明るかったり、暗かったりするだけで台無しになってしまうこともあります。インテリアにもしっかりと気を遣っている旅館であれば、照明にもこだわっているものなのです。
照明が切れかかっている…なんて論外です。客室に入ったら、すべての照明が点灯するのかをチェックしてみましょう。

シャンデリアなどの手入れはしっかりできてる?

手入れされたライト
旅館でもフロントやロビーにシャンデリアなどの豪華な照明が取り付けられているケースも少なくありません。
そんなシャンデリアについてもしっかりとチェックしましょう。デザインが複雑なシャンデリアは埃などがたまりやすく、頻繁に手入れが必要なものです。それはしっかりできているでしょうか?
どんなに豪華なシャンデリアであっても手入れが行き届いているのであれば、何の意味もありません。逆に、綺麗に手入れができていれば、それだけサービスもいきとどいたものを期待できるはずです。
シャンデリアのみでなく、客室の照明などもチェックしてみましょう。それだけでも、その旅館の良し悪しが見えてくるものです。

旅館であまり天井を見上げることはないかもしれません。ですが、そこにある照明をチェックすると良し悪しが見えてくることでしょう。

あわせて読みたい